スポーツ

柔道、新井千鶴は世界V3へ収穫 GSバクー大会から日本代表帰国

 成田空港で取材に応じる女子70キロ級の新井千鶴=14日

 柔道のグランドスラム・バクー大会に出場した男女日本代表が14日、成田空港に帰国し、女子70キロ級で優勝した新井千鶴(三井住友海上)は「精神面は落ち着いて臨めた。技や組み手はまだまだつくっていける」と世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)3連覇への収穫を語った。

 昨年11月以来の実戦となった新井は立ち技、寝技ともに隙がなく順調な仕上がりをアピール。「右組み、左組みといろんなタイプがいるが、苦手意識がなくなってきた」と充実ぶりを実感した。

 女子63キロ級の田代未来(コマツ)は寝技がさえて優勝。「安定していると感じられた」と納得しつつも気を引き締めた。


(共同通信)