社会

創価大教授、著書に論文盗用 学外者から告発、依願退職

 創価大(東京都八王子市)は14日、経営学部教授が著書に他人の論文を盗用する不正行為があったと発表した。教授は4月に依願退職し、大学側は懲戒処分はしなかった。

 創価大がホームページで公表した調査結果によると、著書には、引用元の論文名を明記しなかった引用部分が29カ所計448行あるなどしたため、「盗用」と判断した。

 昨年4月に学外者から告発があったことを発端に、大学側は副学長や弁護士らで構成する調査委員会を設置。元教授の著書と、引用元とされた論文などを比較したほか、本人から聞き取り調査した。


(共同通信)