くらし

札幌でライラックまつり 紫の花約370本が出迎え

 「第61回さっぽろライラックまつり」が始まり、札幌市の大通公園で鮮やかに咲いたライラック=15日午前

 札幌に初夏の訪れを告げる風物詩「第61回さっぽろライラックまつり」が15日、市中心部の大通公園で始まった。

 札幌管区気象台によると、市内では3月から4月にかけて気温が0・9~1・9度平年を上回り、ライラックの開花は観測史上3番目に早い5月5日だった。公園にある紫のライラック約370本は期間中に見頃を迎える。

 会場には北海道内約40のワイナリーが醸造した道産ワインが並び、地元ミュージシャンなどが奏でる音楽に触れながらさまざまな食を堪能できる「カフェめしコート」が設置される。


(共同通信)