芸能・文化

長野・善光寺の御開帳、21年に 4月4日から5月30日、令和初

 2015年4月、御開帳で姿を現した善光寺の前立本尊=長野市

 長野市の善光寺は15日、国重要文化財の前立本尊を公開する「御開帳」の次回の日程を2021年4月4日から5月30日までの57日間と発表した。元号が令和になって初めての御開帳。小林順彦寺務総長は「令和は災害や天災などのない穏やかな時代になるよう念願して御開帳を行いたい」と話した。

 前立本尊は絶対秘仏とされる「一光三尊阿弥陀如来」の身代わりとして鎌倉時代に作られた。数えで7年に1度の御開帳時に本堂へ移され、参拝者に公開される。

 前回15年の御開帳の際は北陸新幹線の延伸などに伴って過去最多の約707万人が参拝した。


(共同通信)