スポーツ

東都大学野球、東洋大が勝ち点4 立正大にサヨナラ勝ち

 東都大学野球リーグ第4週第3日は15日、神宮球場で3回戦が行われ、首位東洋大が立正大に2―1でサヨナラ勝ちして2勝1敗とし、勝ち点を4に伸ばした。国学院大は駒大に2―1で競り勝って2勝1敗で勝ち点3。亜大―中大は0―0で規定により延長十四回引き分けとなった。

 東洋大は九回に津田が適時打を放った。村上は6安打完投で今季5勝目。国学院大は三回に鎌仲の2点二塁打で先制し、3番手小玉が好救援した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス