スポーツ

ラグビー協会理事選任で委員承認 指名委の15人

 日本ラグビー協会は15日、東京都内で理事会を開き、6月の役員改選に向けて理事候補を選考する指名委員会のメンバー15人を承認した。同委員会で検討し、6月の理事会、評議員会を経て決定する。現在2期目の岡村正会長(80)は6月の任期満了で退任する意向を既に固めており、後任には九州協会会長を務める森重隆副会長(67)が有力となっている。

 外部委員も2人含まれるが、メンバーは明らかにされていない。関係者によると、委員長は過去に日本協会の要職を務めた人とみられ、複数の副会長が退く可能性もあるという。


(共同通信)