経済

オンキヨー、AV事業売却 米同業と協議へ

 老舗の音響機器メーカー、オンキヨー(大阪市)は15日、主力のホームAV(音響・映像)事業の売却に向け、米同業サウンド・ユナイテッドなどと協議することで基本合意したと発表した。具体的な売却範囲は明らかにしていないが、オンキヨーのAV事業はグループ売上高の約7割を占める。

 オンキヨーがパイオニアのAV事業を買収して2015年に設立した完全子会社の「オンキヨー&パイオニア」(東京)の株式譲渡などを検討する。

 オンキヨーは今後、ヘッドホンやイヤホンなどの企画・販売のほか、家電、自動車メーカーの相手先ブランドによる生産(OEM)事業に力を入れると説明している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス