政治

首相「国会報告で透明性向上」 特定秘密の会議で

 政府は16日、特定秘密保護法の運用の在り方について有識者が議論する「情報保全諮問会議」を首相官邸で開いた。安倍晋三首相が6月上旬ごろ国会に提出する2018年分の特定秘密の指定状況に関する報告書原案を巡って議論。首相は「国会報告は、運用状況を分かりやすい形で国民に公表し、秘密の取り扱いの客観性と透明性を向上させる上で、極めて重要だ」と強調した。

 特定秘密保護法の意義については「日本に対する国際的な信用が増し、これまで以上に核心に迫る情報が得られるようになった」と説明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス