くらし

ムラタのロボット先生が出前授業 小学校でプログラム教室

 村田製作所が小学校の体育館で実施したプログラミングの出前授業=16日、京都府長岡京市

 村田製作所は16日、同社の社員が“ロボット先生”になって小学生にプログラミングを教える体験型の出前授業を始めた。段ボール箱をかぶってロボットになりきった社員が、小学生がタブレット端末を使って指示した通りに動いたり、犬の物まねをしたりするユニークな内容で、楽しみながら学習できる。

 2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるのを前に、理解を深めてほしいと実施した。

 村田製作所は自転車型ロボット「ムラタセイサク君」などユニークなロボで知られるが、今回は人間がロボットになるという型破りな取り組みで、児童らは大喜びだった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス