社会

自動運転の安全基準を整備 改正道路運送車両法が成立

 自動運転の実用化を見据え、安全基準を整える改正道路運送車両法が17日の参院本会議で、全会一致により可決、成立した。走行できる道路環境や速度などの条件を国が車種ごとに認定、カメラやレーダーといった装置の点検ルールを定める。

 政府は2020年をめどに、一定条件の下、高速道路での自動運転を実用化することを目指す。人的ミスによる交通事故の減少が見込まれるほか、将来は過疎地などで移動手段の確保につながると期待されている。

 走行条件は、メーカーが性能に応じて「晴れた日の昼間、高速道路本線の渋滞時に限る」などと設定。条件に合わない場合は手動運転に切り替わるようにする。


(共同通信)