社会

熱中症訴え児童29人搬送、福井 鯖江の小学校

 熱中症の症状を訴えた児童が病院に搬送された福井県鯖江市の市立鯖江市鳥羽小学校=17日午後

 17日午前10時45分ごろ、福井県鯖江市の市立鯖江市鳥羽小学校で「児童が熱中症の疑いがある」と教員が119番した。地元消防によると、3~6年生の男女計29人が病院に搬送されたが、いずれも軽症という。

 市教育委員会などによると、全校児童が17日午前10時半から校庭で、18日に開かれる体育大会の開閉会式の練習をしていたという。練習が始まってから児童数人が頭痛や吐き気などの症状を訴えた。

 同校は校庭で活動する際、水分補給のため、水筒を体育館の軒下に置くよう指導しており、この日も水筒を用意させていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス