スポーツ

サッカー女子、W杯必勝祈願 熊野三山で協会副会長ら

 熊野那智大社を訪れた日本サッカー協会の岩上和道副会長(左)と今井純子女子委員長=17日、和歌山県那智勝浦町

 サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会に出場する日本代表「なでしこジャパン」の必勝祈願のため、日本サッカー協会の岩上和道副会長と今井純子女子委員長が17日、熊野三山の一つ、和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社を参拝した。

 三山の守り神とされる「八咫烏」が日本サッカー協会のシンボルマークになっている縁から、協会関係者らがW杯開催のたびに訪れている。岩上副会長は「狙うはもちろん優勝。皆さんの応援をぜひお願いしたい」、今井委員長は「気持ちが引き締まり、改めて戦いにいくぞという気持ちになれた」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス