国際

台湾が同性婚を合法化、アジア初 違憲判断基に内閣主導

 同性婚の権利を保障する特別法案を採決する台湾の立法院=17日、台北市(中央通信社=共同)

 【台北共同】台湾の立法院(国会)は17日、同性婚の権利を保障する特別法案を可決した。欧米では合法化する国が相次いでいるが、アジアの国・地域では初めてのケース。

 可決された法案は与党、民主進歩党(民進党)政権の行政院(内閣)が提出したもので、同性2人が「結婚登記」できると明記。当初案にあった「同性婚姻」という表現は、保守層に配慮して審議の過程で削除された。

 台湾では憲法解釈を担当する司法院大法官会議が2017年5月24日、現行の民法は同性婚の権利を保障しておらず違憲だとする判断を発表し、2年以内に法改正を行うよう求めていた。新法は24日に施行される。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス