スポーツ

テニス、錦織4強入りならず 大坂は右親指痛で棄権

 男子シングルス準々決勝 ディエゴ・シュウォーツマンと対戦し、第1セットでブレークされた錦織圭=ローマ(共同)

 【ローマ共同】テニスのイタリア国際は17日、ローマで行われ、男子シングルス準々決勝で第6シードの錦織圭(日清食品)は世界ランキング24位のディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)に4―6、2―6で敗れ、4強入りはならなかった。

 女子シングルスで第1シードの大坂なおみ(日清食品)は右手親指付け根の痛みのため、世界4位のキキ・ベルテンス(オランダ)との準々決勝を棄権した。

 女子ダブルス準々決勝で青山修子(近藤乳業)リジヤ・マロザワ(ベラルーシ)組は第1シードのバルボラ・クレイチコバ、カテリナ・シニアコバ組(チェコ)に4―6、5―7で屈した。


(共同通信)