スポーツ

ラグビーW杯チケットの販売再開 開幕戦など売り切れ続出

 9月20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会のチケットは18日、一般向けの先着販売がオンラインで再開となった。全48試合、全ての種類の席が売り出され、開始約1時間で決勝戦の今回販売分が売り切れたほか、日本とロシアが対戦する開幕戦など複数の試合も続々と売り切れとなった。

 大会全体で販売する180万枚のうち、これまでの売り上げは約130万枚。今回の販売枚数は明らかにされていない。1~3月の先着販売では開始直後に10万人以上が購入手続きを待つ状態となり、日本戦は約1時間で在庫切れに。今回も一時は20万人以上が手続き待ちとなった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス