社会

JR東、羽田新線環境アセス着手 都へ計画書

 JR東日本は20日、東京都心と羽田空港を結ぶ鉄道の新路線「羽田空港アクセス線」に関し、環境影響評価(アセスメント)の手続きに着手したと発表した。アクセス線3ルートのうち、東京駅方面とつなぐ「東山手ルート」が対象。羽田空港直近のトンネル部分と合わせ約12・4キロで調査に当たる。東京都に15日、調査計画書を提出した。

 JR東は、子会社の東京モノレールを除き、羽田空港への路線を持たず、アクセス線実現は長期的な課題となっている。2月、深沢祐二社長が5~6月のアセス着手方針を表明していた。

 JR東によると、開業は2029年ごろの見込みだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス