スポーツ

巨人が4年ぶりに年俸トップ プロ野球選手会の調査

 日本プロ野球選手会が20日、加入選手を対象とした年俸調査の結果を発表し、球団別の支配下登録選手の今季平均年俸では、大型補強で丸佳浩外野手らを獲得した巨人が546万円増の6926万円で4年ぶりにトップとなった。12球団の支配下登録731選手の平均は30万円増の3985万円で、現行の調査方法となった1988年以降の最高を更新した。

 昨年まで3年連続1位だったソフトバンクは1288万円減の6538万円で2位。阪神が4381万円で3位となった。金子弌大投手や西勇輝投手が移籍して抜けたオリックスが956万円減の2654万円で最下位となった。


(共同通信)