社会

維新、23日に公明と再会談 大阪都構想巡り松井氏

 大阪市内で取材に応じる大阪維新の会代表の松井一郎市長(左)と吉村洋文府知事=20日午後

 大阪維新の会代表の松井一郎大阪市長は20日、大阪市を廃止し特別区を設置する「大阪都構想」を巡る19日の公明党大阪府本部の佐藤茂樹代表との会談について「建設的な話し合いができた。まとまる方向で一歩踏み出せた」と述べた。23日に再度会談すると明らかにし、協議がまとまれば共同で記者会見する方針。市内で記者団に語った。

 松井氏は「公明はゼロベースで今までの考え方を見直し、前向きに(都構想の制度案を議論する府市の)法定協議会に参加する、特別区に理解いただけたのかなと受け取っている」と話した。一方「一言一句調整できたわけではない」とし、再協議が必要との認識を示した。


(共同通信)