国際

元法律顧問に証言拒否を指示 米大統領「免責特権ある」

 トランプ米大統領=20日、ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領はロシア疑惑捜査を阻もうとした自身の司法妨害の疑いを巡り、議会から強制力のある召喚状で証言を求められていたマクガーン元大統領法律顧問に証言に応じないよう指示した。司法省の助言を受け「憲法が定める免責特権がある」と判断したという。ホワイトハウスが20日、発表した。

 司法省は「三権分立に基づき、大統領側近は公務に関する強制的な議会証言を免責される」と説明し「マクガーン氏は大統領法律顧問としての公務に関連する事柄について証言する必要は法的にない」と結論付けた。

 マクガーン氏は司法妨害疑惑解明の鍵となる人物と見なされている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス