くらし

ロンドンで鹿児島展開催 友好協定の一環、6月下旬まで

 20日、ロンドンのカムデン区役所で始まった鹿児島展で、焼酎を飲みながらパネル展示を見る男性(共同)

 【ロンドン共同】薩摩藩の若者が留学した大学があるロンドン・カムデン区で20日、鹿児島県との歴史的なつながりや県の見どころを伝える展覧会が始まった。明治維新150年を記念して県と同区が昨年結んだ友好協定の一環。カムデン区役所や区の図書館で6月下旬までパネルなどを展示し、情報を発信する。

 展覧会では、薩摩藩が幕末の1860年代に英国に派遣した、後の初代文部大臣森有礼ら「薩摩藩英国留学生」が、カムデンの大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで学んだことや、屋久島などの自然の魅力、薩摩料理も紹介している。


(共同通信)