社会

五輪を想定、首都直下地震の訓練 自衛隊、大会組織委も参加

 災害対策本部会議で発言する岩屋防衛相(左から3人目)=22日午前、防衛省

 防衛省は22日、東京五輪・パラリンピック開催中に首都直下地震が発生したとの想定の自衛隊統合防災演習を、東京・市谷の同省で公開した。実際には部隊を動かさない図上演習で、大会組織委員会も参加。自衛隊が組織委に会場内の被害状況を確認するなど連携強化を図る。

 防衛省によると、来年夏の大会期間中に、最大震度7の「都心南部直下地震」が起き、大規模な火災や建物の倒壊が相次ぎ、多数の死傷者が出たとの想定。演習は21日に始まり、発生直後の情報収集、効率的な人命救助のための手順を確認した。

 地震発生から約24時間後に、防衛省で開かれた3回目の災害対策本部会議が公開された。


(共同通信)