くらし

IT技術者国家試験、9歳が合格 千葉の小学4年、最年少更新

 独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)は22日、IT技術者向けの国家試験「基本情報技術者試験」に千葉県に住む9歳の小学4年生が合格し、これまでの最年少記録(10歳)を更新したと明らかにした。

 同試験は企業などで働く高度IT人材になるために必要な基本知識・技能が問われる。企業の若手技術者や大学生の受験が多く、低年齢層には非常に難しいという。IPAの担当者は9歳の合格者について「明日からでも顧客企業のシステム開発に関われる水準」と話してる。

 試験は春と秋の年2回あり、今回は4月21日に実施した。約5万5千人が受験し約1万2千人が合格した。


(共同通信)