くらし

マクドナルドに課徴金2千万円超 成型肉表示せずと消費者庁

 日本マクドナルドの「東京ローストビーフバーガー」のメニュー(消費者庁提供)

 消費者庁は24日、日本マクドナルド(東京)が2017年に販売した「東京ローストビーフバーガー」と「東京ローストビーフマフィン」に、成型肉を使用したのに、表示しなかったのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、同社に課徴金2171万円の納付を命じた。

 消費者庁表示対策課によると、2商品は17年8~9月に販売。同社はテレビCMでブロック肉のローストビーフをスライスする映像を流すなどしたが、実際は商品の過半数で成型肉が使われており、店頭やウェブサイトを含め成型肉使用の表示をしなかった。

 昨年7月、消費者庁は再発防止を求める措置命令を出していた。


(共同通信)