スポーツ

重量挙げ、三宅が負傷で途中棄権 全日本、女子49キロ級糸数優勝

 女子49キロ級 ジャークの1回目で体勢を崩す三宅宏実。右脚を負傷して棄権した=江刺中央体育館

 重量挙げの全日本選手権第1日は24日、岩手県奥州市の江刺中央体育館で行われ、女子49キロ級の三宅宏実(いちご)がジャークの試技で右脚を負傷して棄権した。糸数加奈子(自衛隊)がトータル173キロで優勝した。

 男子73キロ級の宮本昌典(東京国際大職)はスナッチ150キロ、ジャーク183キロのトータル333キロで、いずれも日本記録を塗り替えて圧勝した。女子55キロ級は八木かなえ(ALSOK)がトータル186キロで制覇。男子67キロ級は高尾宏明(自衛隊)がトータル290キロで制し、糸数陽一(警視庁)は東京五輪を見据えた体調管理のため試合前に棄権した。


(共同通信)