スポーツ

東京六大学野球、明大V持ち越し 法大と引き分け

 法大戦に先発した明大・森下=神宮

 東京六大学野球リーグ第7週第1日は25日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、優勝へあと1勝の明大は法大と4―4で引き分け、5季ぶり40度目のリーグ制覇は2回戦以降に持ち越された。立大は東大に4―0で先勝した。

 明大は3点リードの八回に森下が同点3ランを打たれた。九回に勝ち越されたものの、喜多のソロで追い付いた。立大は田中誠が4安打完封で通算13勝目。


(共同通信)