スポーツ

WBA、木村と久保が計量パス 中国でダブル世界戦

 WBA世界戦の前日計量をパスしたライトフライ級の木村翔(右)と王者カルロス・カニサレス=25日、中国・撫州(共同)

 【撫州(中国)共同】世界ボクシング協会(WBA)ダブル世界戦の前日計量が25日、中国の撫州で行われ、ライトフライ級王座に挑む木村翔(青木)、フェザー級王座に挑戦する久保隼(真正)ら4選手はいずれもパスした。木村、久保はともに2階級制覇を狙う。

 木村は48・7キロで一発クリア。前世界ボクシング機構(WBO)フライ級王者の木村は1階級下げての挑戦に「体調はばっちり」と話した。

 久保はWBAスーパーバンタム級王座から陥落した2017年9月以来の世界戦。1度目でリミットより100グラム軽い57・0キロでパス。「気持ちはいつもと変わらない」と語った。


(共同通信)