理論物理学者M・ゲルマン氏死去 「クォーク」の名付け親

 マレー・ゲルマン氏(米理論物理学者)米紙ニューヨーク・タイムズなどによると24日に死去、89歳。

 29年ニューヨーク生まれ。51年マサチューセッツ工科大で博士号、56年カリフォルニア工科大教授。陽子や中性子を構成する素粒子を提唱し「クォーク」と命名。その後、実験で存在が確認された。69年ノーベル物理学賞。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス