社会

列島各地で猛暑、2人死亡 北海道・佐呂間39・5度

 観測史上初めて5月に猛暑日となった北海道。JR帯広駅前の大型温度計は表示可能な上限を超えていた=26日午後

 26日の日本列島は前日に続き広く高気圧に覆われて各地で記録的な猛暑になった。熱中症とみられる症状で北海道と宮城県で計2人が死亡、全国で575人が救急搬送された。北海道佐呂間町では39・5度を観測し、5月に観測された最高気温の全国記録のほか、年間を通じて北海道で観測された最高気温の記録を同時に塗り替えた。北海道で5月に猛暑日となるのは観測史上初めて。

 全国926観測点のうち北海道を中心に53地点が35度以上の猛暑日になり、513地点が30度以上の真夏日になった。

 季節外れの厳しい暑さは27日も続く見通しで、水分・塩分補給などの熱中症対策が必要だ。


(共同通信)