国際

イラン外相、対米「自衛の用意」 イラクは会談で仲裁に意欲

 26日、イラク・バグダッドで記者会見するイランのザリフ外相(ロイター=共同)

 【カイロ共同】イランのザリフ外相は26日、訪問先のイラクの首都バグダッドでハキム外相と会談した。イラクのメディアによると、緊張が高まる米イラン関係を巡り、ザリフ氏は共同記者会見で「イランはいかなる軍事的、経済的攻撃からも身を守る」と強調。ハキム氏は「イラクは仲裁する役割を担えるだろう」と述べた。

 イラクは米イラン両国と結び付きが深く、アブドルマハディ首相が21日、緊張緩和のため米イラン両国に特使を派遣すると発表していた。

 ザリフ氏は25日にバグダッドを訪問し、アブドルマハディ氏と会談した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス