スポーツ

射撃、日本勢は決勝進めず ライフル・W杯

 ライフル射撃のワールドカップ(W杯)は27日、ミュンヘンで行われ、男子エアピストル予選で日本勢は松田知幸(神奈川県警)の9位が最高で上位8人による決勝に進めなかった。

 男子ライフル3姿勢予選は山下敏和(自衛隊)が47位。女子25メートルピストル予選では佐藤明子(警視庁)の27位が最高で、いずれも決勝進出を逃した。(共同)


(共同通信)