国際

スペイン前国王、完全引退へ 退位5年「新たなページ」

 ルクセンブルクを訪れたスペインの前国王フアン・カルロス1世(右)=4日(AP=共同)

 【パリ共同】スペイン前国王フアン・カルロス1世(81)は27日、退位表明から丸5年となる6月2日に公務から完全に引退する意向を長男の国王フェリペ6世に書簡で伝えた。王室が発表した。

 書簡で前国王は「人生の新たなページをめくる時が来た」と表明。80歳を迎えた昨年から考え始め、自らが立ち会った憲法制定から40周年を祝う記念行事が12月に行われた際に意思を固めたと説明した。

 前国王は退位後も国内の公的行事に参加したほか、外国の元首や指導者の就任式や葬儀などで海外へも出かけていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス