くらし

「庭園観光」制度に6地域 登録第1弾、PR支援へ

 国土交通省は28日、地域の庭園や植物園が連携して観光振興を図る「ガーデンツーリズム」制度の登録第1弾として、北海道の大雪・十勝地域や横浜市、宮崎市など6地域の計画を選んだと発表した。同省がホームページや国内外の園芸博覧会で共同PRするほか、有識者を紹介して各地の取り組みを支援する。

 ほかに(1)神奈川県と静岡県をまたぐ「箱根・富士・伊豆」地域(2)新潟県の新潟平野周縁部(3)静岡県の浜名湖周辺―が選ばれた。地元自治体などが応募した計画を審査して決めた。複数の庭園を巡る周遊コースの設定や共通チケットなどで誘客につなげる。第2弾は今年秋を予定。


(共同通信)