熱中症で2053人搬送 前週の4倍、死者は4人

 総務省消防庁は28日、熱中症のため20~26日の1週間に全国で2053人が救急搬送されたとの速報値を発表した。前週(13~19日)の約4倍で、死者は4人だった。

 週末を中心に全国的に晴れの日が続き、気温が上昇したのが要因とみられる。消防庁の担当者は「小まめな水分補給と、涼しい場所で休むよう心掛けてほしい」と話している。

 搬送者数を都道府県別に見ると、東京が185人と最多で、愛知136人、埼玉127人と続いた。死者は青森、宮城、群馬、大阪でそれぞれ1人だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス