政治

立民が徳川家広氏を公認、静岡 参院選、宗家19代目

 立憲民主党は28日、参院静岡選挙区(改選数2)の公認候補について、徳川宗家19代目で評論家の新人徳川家広氏(54)に同日付で決めたと正式発表した。過去の常任幹事会で幹部一任となっていた。徳川氏は午後に静岡市で記者会見する。

 静岡選挙区では、旧民進党系で競合する国民民主党の現職榛葉賀津也参院幹事長、自民党現職の牧野京夫氏、共産党新人の鈴木千佳氏も立候補を予定している。


(共同通信)