社会

強制不妊訴訟初判決で賠償認めず 旧優生保護法は違憲、仙台地裁

 旧優生保護法下での強制不妊手術を巡る訴訟の判決を受け、「不当判決」と書かれた垂れ幕を掲げる原告側弁護士=28日午後3時3分、仙台地裁前

 旧優生保護法(1948~96年)下で知的障害を理由に不妊手術を強いられた宮城県の60、70代の女性2人が国に計7150万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁(中島基至裁判長)は28日、被害者救済に向けた立法措置をしてこなかった国側の責任を認めず、原告の請求を棄却した。一方で「旧法は個人の尊厳を踏みにじり悲惨だ」として、幸福追求権を定めた憲法13条に違反し、無効だとの判断を示した。

 全国7地裁で起こされた同種訴訟で初めての判決。原告側は訴えていた旧法の違憲性を認められたものの、賠償を否定されたため控訴する方針。


(共同通信)