国際

中国で「水で走る車」騒動 米ハイテク圧力で過熱か

 「水だけで走る車」と報道された車=25日、中国河南省南陽市(新華社=共同)

 【北京共同】中国内陸部の河南省南陽市でこのほど「水だけで走る車」が発明されたと報道され、真偽を巡りメディアをにぎわせた。米中貿易摩擦でトランプ米政権が中国のハイテク産業に圧力をかける中、国産技術への期待が騒ぎを過熱させたもようだ。

 発端は、23日に南陽市の中国共産党機関紙が掲載した1面記事。タンクの水を車載装置で水素に変換しエンジンを動かすという車を紹介した。市トップの党委員会書記が絶賛したが、どのように水素を生成し動力に変えるかといった詳細な説明はなかった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス