経済

G20、期間中の施設休止相次ぐ 大阪観光の足かせに

 「あべのハルカス」の有料展望台=大阪市

 大阪市で6月28、29日に20カ国・地域(G20)首脳会合が開かれるのを受け、日本一高いビル「あべのハルカス」の展望台など市内の一部の観光施設で開催期間の営業を休止する動きが広がっている。警察による大規模な交通規制や警備が主な理由で、訪日客でにぎわう大阪観光の足かせになりかねない。

 ハルカスを運営する近鉄不動産は、6月27~30日は有料展望台の団体予約を受け付けない。例年、6月下旬だと団体客は全体の15%前後を占めるが、担当者は「交通規制で時間通り来られない恐れがあるため」と残念そう。命綱を着けて最頂部の屋上デッキを歩くアトラクションも休止する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス