国際

国連機関「北朝鮮で賄賂が横行」 市場売買を黙認してもらうため

 28日、ソウルで開かれた記者会見で体験を語る脱北者のチュ・チャンヤンさん(右端)(共同)

 【ソウル共同】国連人権高等弁務官事務所は28日、ソウルで記者会見し、食糧などの配給制度が北朝鮮で事実上崩壊する一方、住民らが自由市場での売買を黙認してもらうため、当局者らに賄賂を渡すケースが横行しているとの報告書を発表した。

 報告書は200人以上の脱北者への聞き取り調査に基づいており、配給に頼らずに生活水準を維持できる制度改革を北朝鮮政府が実現できていないと指摘。自由市場を利用すれば処罰対象となり得るため、住民は「賄賂を渡す以外に選択肢はほとんどない」とした。

 その上で、北朝鮮政府が「法的、制度的な改革を行うことが不可欠かつ緊要だ」と強調している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス