スポーツ

世界陸上マラソン代表に川内ら 「最低限入賞」MGCは出場せず

 世界選手権の代表に選ばれ、ポーズをとるマラソンの川内優輝(右)と50キロ競歩の鈴木雄介=28日午後、東京都内

 日本陸連は28日、ドーハで9~10月に行われる世界選手権のマラソン代表を発表し、男子は川内優輝、二岡康平、山岸宏貴、女子は中野円花、谷本観月、池満綾乃が選ばれた。6人は9月15日の2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)の参加資格を持つが、出場しない。

 川内は2大会連続4度目の出場で、他の5人は初出場。17年の9位が最高の川内は記者会見で「プロランナーに転向した以上、入賞は最低限、果たさないといけない」と意欲を燃やした。

 レースは女子が9月27日、男子が10月5日に行われる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス