社会

自動運転規定の改正道交法成立 「レベル3」で携帯使用可能に

 自動運転に関する規定を初めて盛り込んだ改正道交法は28日、衆院本会議で可決、成立した。一定の条件下でドライバーに代わってシステムが運転を担う「レベル3」の走行が可能になる。来年5月までに施行される。

 警察庁によると、自動運転は技術レベルによって5段階に分かれる。改正法では、レベル3の自動運転中、システムからドライバーにスムーズな交代ができる状態であれば、携帯電話の使用やテレビ視聴が可能となる。

 一方、事故が起きた場合などに備え、ドライバーに代わって車を運転するシステムの稼働データを保存する装置の搭載と、データの保存を義務付けた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス