政治

北朝鮮に無条件で首脳会談打診へ 政府、6月の国際会議で接触狙う

 政府は6月5、6日にモンゴル首都ウランバートルで開かれる国際会議の場を利用し、北朝鮮の外交当局者と接触を図る方針を固めた。前提条件を付けずに北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談を目指す安倍晋三首相の方針を伝える考え。トランプ米大統領の支持を得たことも踏まえ、北朝鮮がどのような反応を示すかが焦点だ。政府筋が29日、明らかにした。

 接触すれば、首相の方針を公の場で北朝鮮側に伝える初の機会となる。日本側は会談実現に向けた働き掛けを本格化させていく。

 国際会議は北東アジアの安全保障問題を話し合う「ウランバートル対話」。これまでも日朝接触を図ってきた経緯がある。


(共同通信)