芸能・文化

NHK受信料体系、見直しも ネットのみの視聴者も取り込みへ

 放送法の改正案などを巡って、参院予算委で答弁するNHKの上田良一会長(右)=28日

 改正放送法が29日に成立し、NHKは来年3月までにインターネットでテレビ番組の常時同時配信を始める。テレビの受信料契約者への新サービスとなる予定だが、将来はネット配信だけの視聴も契約に取り込む必要もありそうだ。テレビを中心に据えた受信料体系の見直しに発展する可能性もある。

 NHKは常時同時配信サービスをあくまで「放送の補完」と位置付けており、テレビを持つ契約世帯であれば追加負担は求めないとしている。未契約の人が視聴しようとすると、画面にメッセージが出て受信料契約を促すことを検討する。


(共同通信)