関電、福井の3原発再審査申請へ 降灰の厚さ想定引き上げで

 関西電力は29日、火山噴火が起きた場合の原発への降灰の厚さがこれまでの想定を上回る可能性が出てきたことを受け、福井県内にある美浜、大飯、高浜3原発の再稼働審査の一部をやり直すための申請を年内にも行う考えを明らかにした。原子力規制委員会は同日、関電に対し再審査申請を命じる方針を決めていた。

 規制委は既に終了した審査で、鳥取県の大山が噴火した場合のシミュレーションなどを基に、降灰の厚さを10センチと想定していた。その後新たな論文発表などでさらに多くの火山灰が降る可能性が出てきたため、原発機能が維持されるか再審査で確認したい考え。


(共同通信)