政治

希望、参院選に擁立せず 政党要件喪失の可能性

 希望の党の中山成彬代表は30日の記者会見で、夏の参院選に候補者を擁立しない方針を表明した。所属議員は衆参5人だが、参院選で3人が改選を迎えるため、参院選後は所属議員5人以上とする政党要件を喪失する可能性が高まった。

 参院選で改選となる3人のうち松沢成文前代表を除く2人は既に不出馬を表明している。松沢氏は離党して参院で統一会派を組む日本維新の会から出馬する意向で、中山氏は容認する考えだ。

 会見で中山氏は「党の存続を願っているが厳しい」と語った。維新との合流について「保留したい。他(の政党)からも話はある」と述べるにとどめた。


(共同通信)