社会

路上で刺されたと自作自演、仙台 51歳男性「仕事つらかった」

 29日午後10時半ごろ、仙台市太白区の路上で、近くの男性会社員(51)が「刺された」と妻を通じ110番した。30日になって「自分でやった。仕事がつらかった」と自作自演だったことを認めた。仙台南署は詳しい経緯を調べる。

 同署によると、男性は29日午後10時ごろ、前から歩いてきた性別不明の人物に先のとがったもので左胸を突然刺されたと、自力で帰宅後に被害を申告。身長は約170センチ、上下ともジャージーのような黒っぽい服だったと話した。

 左胸に軽傷を負って入院したが、仙台南署の調べに対し自分でやったと説明したという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス