経済

アフリカ貿易圏協定が発効 巨大市場、関税撤廃へ

 【ナイロビ共同】アフリカ連合(AU)の加盟国が参加するアフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)協定が30日、発効した。9割の輸出入品の関税や非関税障壁の撤廃を掲げ、アフリカ域内の貿易活性化を目指す。

 AUにはアフリカの54カ国と西サハラが加盟している。AUなどによると、既に52カ国が協定に合意し、うち22カ国が議会の批准を経て寄託。全加盟国が協定に加わった場合、人口約12億人を抱え域内総生産約2兆5千億ドル(約273兆円)の巨大市場が誕生する。

 一方、アフリカの経済大国ナイジェリアは、安価な製品が流入し製造業が打撃を受けるとの懸念から協定に合意していない。


(共同通信)