スポーツ

ボクシング、福原が前日計量パス タイでWBCミニマム級王座挑戦

 計量をパスし、ポーズをとる福原辰弥(右)と王者ワンヘン・ミナヨーティン=30日、バンコク(共同)

 【バンコク共同】世界ボクシング評議会(WBC)ミニマム級タイトルマッチに臨む挑戦者の福原辰弥(本田フィットネス)、王者ワンヘン・ミナヨーティン(タイ)が30日、バンコクで前日計量に臨み、福原は47・6キロ、ワンヘンは47・5キロで、ともに1回でパスした。試合はタイのチャチュンサオで行われる。

 福原は「計量が終わって気合も入り直したので、明日はしっかりと、いい内容で勝って(ベルトを)日本に持ち帰りたい」と話した。2017年11月にタイでWBC王者のワンヘンに挑戦したが判定負けしている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス