経済

座っているのに歩行する感覚 NTT新技術、実用化検討

 NTTコミュニケーション科学基礎研究所が公開した、座っているのに歩行しているかのような感覚を得られる技術の実演=30日、京都府精華町

 NTTコミュニケーション科学基礎研究所(京都府精華町)は30日、仮想現実(VR)を映し出すゴーグルと、足の裏に振動を加える装置を組み合わせることで、座っているのに歩行しているかのような感覚を得られる新技術を公開した。映画館や娯楽施設への導入を検討している。

 専用の椅子に座り、ゴーグルとヘッドホンを着用して使う。歩行の際の足音を聞くことができ、実際に歩いているのと似た感覚を得られる。

 VRで旅行などを疑似体験できる技術は既に実用化されている。ただ、VRの中での移動には実際に歩き回るスペースが必要な場合が多い。今回の技術は十分な広さがなくても感覚を得られる。


(共同通信)