芸能・文化

前作以上にクレイジー ティモ・ブオレンソラ監督

 試写会で恐竜とおどけるティモ・ブオレンソラ監督=東京都内

 SFコメディー映画「アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲」(7月12日公開)のジャパンプレミア試写会が東京都内で開かれ、ティモ・ブオレンソラ監督が登場した。

 2012年に公開された「アイアン・スカイ」の続編で、月面ナチスとの戦いから30年後の世界を描いた物語。恐竜に乗ったヒトラーが登場するなど、荒唐無稽なストーリーがマニアの熱狂的な支持を集めている。

 7年ぶりに来日したブオレンソラ監督は「前作の設定がすでにクレイジーだった。どうすればスケールアップできるかを考えた時に、恐竜のアイデアが浮かんだんだ」と振り返った。

 前作はインターネットで資金を募るクラウドファンディングで1億円を集めて製作、今作は1億5千万円を集めた。ブオレンソラ監督は「クラウドファンディングなしに、この作品は生まれなかった。心からお礼を申し上げます」と感謝を述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス