経済

経団連、中西体制が2年目 会長不在の異例スタート

 経団連の定時総会であいさつする安倍首相=30日午後、東京・大手町

 経団連は30日、東京都内で定時総会を開き、副会長18人のうち6人の交代を正式に決定した。中西宏明会長体制は2年目に入ったが、中西氏が体調不良で検査入院しており、会長不在の異例のスタートとなった。

 総会に出席した安倍晋三首相は来賓あいさつで、日米貿易交渉について「双方がウィンウィン(相互利益)となる良い成果を、できるだけ早く出したい」と述べた。ただ、農産物や工業製品などの関税交渉が「そう簡単な作業ではない」との認識も示した。

 新任副会長は、住友商事の中村邦晴会長、三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行会長、第一生命ホールディングスの渡辺光一郎会長ら。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス